治療の流れ

ストレスなどが蓄積することで発症するうつ病は、人によって長引く人や早く完治できる人もいます。うつ病にかかる人の特徴は真面目な性格で責任感がある人が多いですが、人間の性格は人によってバラバラです。それぞれ違う人に同じうつ病治療をしたとしても完治する期間はその人の性格やうつ病の状態によって異なるので、専門医とカウンセリングをしてその人に合った治療を行なう必要があります。自分自身だけではなく家族もうつ病のことについて理解をしてくれると、自然と安心感が生まれて更にうつ病を早く改善することができます。うつ病治療をするときには急性期と回復期、再発予防期の3つに分かれており、段階を経て治療を行なうことで完治の可能性を高めることができます。まず急性期では約三ヶ月の治療を行なっていきますが、この期間は休養を確保しながら薬による治療を行ないます。

人によってこの時点で半年以上治療がかかる人もいますが、自分のペースに合わせて治療を行なうことも治療を完了するために大切なことです。その治療で上手くいけば気分の落ち込みだけではなく、調子が良い日も少しずつ出てきますが、回復期になるとこの二つの状態変化が不規則に現れてしまいます。長い期間調子が良いと感じてもまだうつ病完治をしているわけではないので、焦らずに治療をすることが大切です。最後に再発予防期がありますが、回復期を終えても再発しやすいので注意が必要です。この期間では主に薬物療法を行ないますが、必要であればカウンセリングも行ないます。