ストレスの種類

うつ病の大きな原因となるのはストレスですが、ストレスにも場面によって様々な種類があります。専門機関でうつ病治療をするときには、まずそのストレスの原因となっているものを理解していく必要があるのです。ストレスは腸内環境にも悪影響を与えてしまうため、腸内の代謝が悪くなって便秘や冷え性などの問題を発生させてしまう可能性もあります。ストレスを貯めることは身体に毒のため、ストレスを貯めている人は日頃からストレス発散法を見つけて気持ちをリフレッシュすることでうつ病になるリスクを低くすることができます。ストレスにはいくつかの種類がありますが、その中でも社会的ストレスは学校や会社などで貯めこんでしまうことが多いです。学生であれば受験や人間関係などが多く、仕事関係では仕事の量が多いことや上下関係などの問題が挙げられます。

また心理的ストレスでは大切なパートナーとの離婚や別れなどの恋愛関係や、日頃からの不安を自分で抱え込んでしまってストレスを貯めてしまうことがあります。こうしたストレスは精神的なものだけではなく、頭痛や肩こりなどの問題を引き起こしてしまいます。その他にも環境的ストレスや身体的ストレスなどがあります。これらのストレスによってうつ病治療の方法も異なっているので、まずはカウンセリングで専門医に日常生活のことを打ち明けると問題解決がしやすいです。うつ病は日本全国でも4人に1人は軽度や重度の症状に悩まされているというデータがあるので、私達にとっては無視できない問題であります。